甘い物
産地は確かに重要ですが、シリコンの品質は他の要因にも左右されます。
そこで、シリコン溶液に「ありがとう」と声をかけてから結晶を成長させます。通常の製法よりもきれいな結晶になることは間違いありません。
そうやって作った大事な単結晶シリコンですから、当然ながら素材を生かすために無添加、無着色です。
え?何も添加しなかったら半導体メモリとして機能しない?
そりゃあもう、機能を多少犠牲にしてでも最高の品質にこだわった逸品ですから。
ダイオウグソクムシの水槽を48時間生中継してるだけの放送で74万人見ててアンケートで「とても良かった」98.2%て、TVの番組作ってる人とかどうすればいいの……

Twitter / tmichiaki (via katoyuu)

観測バイアス. アンケート答えてるのって好きで見てた奴だけだろ?

(via bgnori)
ペペロンチーノは、にんにくと赤唐辛子をオリーブオイルで熱し、茹でたパスタを絡めただけの、ごくシンプルな料理。パスタの基本中の基本と言っていいだろう。普通、パスタのレシピ本といえば、オイル系、トマトソース系、クリームソース系、ミートソース系、冷製……などと、さまざまなバリエーションを紹介するものがほとんどだと思う。しかし本書の著書・土屋敦は、それとは真逆のベクトルに突っ走る。そうして完成したのが「たったひとつの料理に14万字を費やした世界一長いレシピ本」――つまり本書は、まるまる1冊、ペペロンチーノについて「だけ」書かれた、じつに偏執狂的なレシピ本なのである。

ぺペロンチーノは、チーズやアンチョビといった、パスタ料理によく使われる旨みやコクを出す食材を一切使わない。「書斎派パスタ求道者」を自称する土屋は、ぺペロンチーノを「食材を最低限にしぼり込んだうえで、味をどこまで極めていくか。いわば『引き算』の料理」と定義付ける。求道者にふさわしく、ひじょうにストイックな料理だと言える。しかし一方で、どこででも簡単に手に入る食材を使って、安価に、短時間で調理できるため、初心者にもハードルが低く、パスタの入門編という側面もある。

なんにせよ、材料もごくわずか、作る行程も数行で説明できる料理で1冊もつのか?という疑念が生じるかもしれない。しかし、それは杞憂である。通読して分かるのは、読み物としての体裁を整えるために「新書1冊にまとめた」のが本書であり、実際にはこれを遥かに越えるトライアルアンドエラーがあったということ。さらに、時間や紙幅の制限さえなければ、さらに延々と実験を繰り返していたに違いなく、新書1冊どころか、長編小説1冊分くらい軽くいっていたかもしれないのだ。
paolofietta:

© Paolo Fietta

paolofietta:

© Paolo Fietta

voynich8:

浜辺 on Twitpic
beesandbombs:

pendulums

beesandbombs:

pendulums

edings:

Video: Roundhand Lettering Demo by Glen Weisgerber
featherandarrow:

rose quartz

featherandarrow:

rose quartz

ghibli-collector:

Hayao Miyazaki’s advice on how to use transparent watercolors in the booklet of the Ghibli Museum Sketching Set.
Title: My recommendation. Transparent watercolor is good.
"transparent watercolor has a strong habit", "do not paint stickily and paint after wiping the extra paint and water off", "paint thinly the bright part", "had better not use white", "paint other color after under color has dried", "let’s mix the color and use it."
Light the wool which protrudes on a new painting brush. Anything is fine for a water vessel. A retractable knife is enough for the pencil sharpener. One 2B pencil is enough for the pencil. Divide the palette into seven zones: Bright, Dark, Black, Green 1, Green 2, Blue 2, Blue 1. Do not use the eraser. Do not draw a guideline for a picture.
"these painting materials are enough for a 2-week trip and preparations for a movie."
Found this on Nausicaa.net along with the news that the new Takahata and Miyazaki Ghibli films for next summer are expected be announced this week!

ghibli-collector:

Hayao Miyazaki’s advice on how to use transparent watercolors in the booklet of the Ghibli Museum Sketching Set.

Title: My recommendation. Transparent watercolor is good.

"transparent watercolor has a strong habit", "do not paint stickily and paint after wiping the extra paint and water off", "paint thinly the bright part", "had better not use white", "paint other color after under color has dried", "let’s mix the color and use it."

Light the wool which protrudes on a new painting brush.
Anything is fine for a water vessel.
A retractable knife is enough for the pencil sharpener.
One 2B pencil is enough for the pencil.
Divide the palette into seven zones: Bright, Dark, Black, Green 1, Green 2, Blue 2, Blue 1.
Do not use the eraser.
Do not draw a guideline for a picture.

"these painting materials are enough for a 2-week trip and preparations for a movie."

Found this on Nausicaa.net along with the news that the new Takahata and Miyazaki Ghibli films for next summer are expected be announced this week!